< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 負け確率から精神面の大切さを感じ取る > データ > 負け確率から精神面の大切さを感じ取る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け確率から精神面の大切さを感じ取る


一昨年の10月からのデータがあったのでそれを参考に考えてみる。

まずは負ける確率だ。

参加した322営業日中の45日が負けになっているので負け確率は14%

次に負けた次の日に限って見てみる。ただし連敗後ではなく単純に1回
負けた次の日だけで。つまり連敗後は除く。

29営業日中の10日が負けになっているので負け確率は34.5%

格段に跳ね上がった。

次は2連敗後のみに絞ってみる。

10営業日中の4日が負けになっているので負け確率は40%

また上がった。

次は3連敗後。

4営業日中の1日が負けで負け確率は25%

4連敗後は・・・

1営業日中1日が負けで負け確率は100%

んで5連敗後は1日中0日が負けで負け確率は0%



まぁ3連敗後とかになってくると試行回数も少ないだけに信用出来るような
データじゃないけどそこまではかなり信用出来るデータのはず。

去年は調子も悪く収支が悪かった時期なので負け確率は全体的に一昨年と
比べ上がってはいるけどまぁ悪い時期のデータのが参考になりそうだし
見ていこう。



単純にいつもの精神でやっていると負けた次の日を除いた277営業日
中の29日が負けなので負け確率は10.5%でしかないのだ。

しかしこれが1日負けた後だと負け確率が34.5%まで一気に駆け上がる。
一昨年は連敗あまりした覚えないからデータとしてどこまで有効か少し
疑問も残るんだけど精神的に崩れた直後っていうのはこれだけ変化がある。

そして!これだけならまだしも恐ろしいデータがある。

29営業日中10日の負けで34.5%なわけだけど・・・

5万以上負けたのが15営業日で次の日の負けが9日なんだ。
つまり負け確率が60%にもなる。

そして当然逆の5万以内の負けであれば次の日の勝率は93%になる。
負け確率なんて7%なんだ。



大きく負けたことで精神が崩れた次の日は無茶もして60%で負ける。
しかし大した負けじゃなければ「明日しっかりやろう」という精神が
働くのか普段の負け率を下回る7.1%


この差は大きいはずだ。


そして2連敗後。当然精神は崩壊中になっている。全体的な負け率は
さらに上がって40%なんだ。

この34.5%とか40%って相当恐ろしい数字だよね。こんな確率で
負けてたら即退場だろって感じだしさ。



この記事書くのだんだんだるくなってきたから終わりにする(笑)



とりあえずお弟子さんはこのデータをもとにどれだけ精神が大切かを
よく覚えておいて下さい。そしてこれを読んだ初心者の方やあまり
勝ててないって方もよく覚えておいて下さい。



順序はまず勝つための手法を身に付ける→毎日淡々と出来る精神作り。



お弟子さんは勝てるようになってるんであとはすぐに崩壊するその脆い
精神をなんとかするのみですな。


ってか改めてデータを見るとデータってのは冷静で恐ろしいものだね。
ここまではっきりと分かれるとは思ってなかったわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。