< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 東証 アローヘッドについての感想と意見 > 東証 アローヘッドについて > 東証 アローヘッドについての感想と意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東証 アローヘッドについての感想と意見


まずはわかりやすく数値でまとめてみたい。
100点法で昨年までのシステムを全て50点だったとして
数値に表わしてみたい。

速さ      50→100
チャンス回数  50→75
逃げやすさ   50→65
リスク     50→45
大負けリスク  50→80
オーバーシュート50→70
割り込みやすさ 50→0
歩み値参考度  50→25

やりやすさ   50→40

っというわけでやりやすさは前の方が良かった。

何より歩み値と出来高を参考に割り込むスタイルを削られた
ことで大きな利益チャンスをなくされた。

しかしそれはオーバーシュートの度合を見極めるために
行っていたことなのでオーバーシュートしやすくなった
点で言えばこれは嬉しいことだ。

オーバーシュート回数が増えたということで何度も何度
もスキャルピングで取るという意味ではやりやすくなった。
スキャには良いだろう。

しかしコツコツドカンのリスクは大幅に高まったと思う。
やばい!っと思った時に逃げるならブレやすくなった
ために逃げやすさも増しただろう。

しかし「ヤバい」っと思う間もなく急落してしまう
可能性が出たあたりこれは大負けリスクが格段に
高まったと言わざるを得ない。

気を付けていてもいつかは喰らってしまうものだけに
1回1回の取引で大負けしても平気なように
積み重ねていくしかないだろう。

最初は大証くらいの速さになってくるだけだろ
なんて安易に考えていたけどもはるかに速いから
大負けリスクはホントのホントに高まった。

まぁ板の厚いところだと大証の時と変わらんけど。
サイバーとかでも大きな板が崩される様はまるで
マネパを見てるようでなんか面白かった。

まだまだ始まったばかりなのでこのくらいですが
また新たに感じたことがあれば追加記事として
追記していくつもりです。

俺自身も含め皆さん早めにこの東証アローヘッドに
慣れていきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。