< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > アメリカの経済再生を考える > りょーへーの一言 > アメリカの経済再生を考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの経済再生を考える


バラク・フセイン・オバマ大統領。

期待は大きいものの一体今の状況をどのように
変えるおつもりなのか。まず代替エネルギーの
生産量を増やすというのは周知の事実。

環境関連が買われたのもその影響なわけで。

昨日の米市場の動きに少し違和感があった。
あそこまで円高が進むものの株価は上昇。

これが何を意味するのか。

ここから先はただの自分の妄想ですので
気に入らなければスルーして下さい。

ドルが売られるということは現在の米への
信用がないからと言われ続けているし
普通はそうなんだろうけど・・・。

輸出産業をメインに経済復興してきた
日本が受けるダメージは半端じゃない。

ただよくスーパーやファミレスで見る
「円高還元セール」

そう。輸入関連は今が儲け時といった
感じになっている。

考え方を変える。

アメリカは資源潤沢でもあるわけで
ある意味今が輸出産業を伸ばすチャンス
でもある。

ドル安が進めば進むほど日本はピンチ
であるもののアメリカはチャンスにも
成り得る。

そう考えると日本はまだまだダメになり
アメリカは回復の可能性ありとも・・・。

世界が協力と言いつつも震源地である
アメリカが先立って回復するシステム。

ではそこで終わりか。そうじゃない。

アメリカの景気が回復すればドルも
買われ始める。その上資金難も乗り越えた
アメリカでは輸入も盛んになる。

そこで日本の景気も上向く。

比較的傷が浅いと言われた日本では
あるものの株価のダメージは実は
アメリカよりはるかに大きい。

この先アメリカが仮に戻してきても
日本は一筋縄に戻せない場面が
あるかも知れない。

とかなんか書いてきたけどちょっと
頭がこんがらがってきたからもう終わり。

大体言いたいことってか考えてる
ことは伝わるでしょ。

今日の収支は結局還付金見ると
ほぼトントンだった。

明日出直す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。