< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > カテゴリ > デイトレードをする上で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトレードで利益を出すために


気をつけなくてはならないことはいくつもある。
それは一体何か。初心者に向けるカテゴリーにも
書いたがやはり慌てて成行注文を入れてしまうと
結果大損につながるケースが多い。

急騰株は必ず押し目が入る。急落株も悪材料が
ないならば必ず戻すポイントはある。

要は「狼狽」しないことが第一。

また、全ての投資機会で利益を出そうとすると
これがドツボにハマる。これの悪い点というのは
仮に1日で5銘柄の取引をしたとしよう。

4勝1敗。

こんな成績だった場合もおそらく大負け。

利益は小さく損は大きく。これはまるでダメ。
差をつけるのであれば損は小さく利益は大きく。
常にこれを考える。

ここで聞こえてきそうな声は「それが出来たら
苦労しないんだ!」

わかります。ですが何が言いたいか考えて下さい。
全ての投資機会で利益を出そうとしすぎると
損切りのタイミングが遅くなって1回の負けが
あまりに大きくなりすぎてしまうのです。

ですから利益を大きく損は小さくなんてことは言いません。
利益と損切りの幅を同じくらいに保てるようにまずは
努めて下さい。勝率というものは経験からおのずと
ついてきます。幅が同じの場合勝率が5割を超えるだけで
プラスになるということです。ハッキリ言って勝率を
8割以上にすることもそんなに難しいことではありません。
何よりリスクの管理だけはしっかりと。

続きはまた書いていきます
スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。